wxMEdit

クロスプラットフォームのテキスト/Hex エディタ

Follow me onGitHub

简体中文 正體中文 English Deutsch Polski Русский Español

wxMEdit

  • wxMEdit は C++ & wxWidgets によって開発されたクロスプラットフォーム対応の テキスト/バイナリエディタ です 。
  • wxMEdit は 現在開発が停止している MadEdit の改良版です。
  • wxMEdit は テキスト/列/16進モードでファイルを編集でき、更に多くの便利な機能を備えています。 例: ブックマーク, 構文定義による強調, 多くのエンコーディング, 折り返し, 単語数のカウント, アップデートの確認等々
  • wxMEdit は 一般的な殆どのエンコーディング (UTF8/16/32, ISO-8859-x, CP125x, KOI8, GB18030, Big5, ...) に対応しています。 (*テキスト/列モードのみ、または16進モードのみではありません)
  • このプロジェクトは、継続的なバグ修正、改良、リファクタリングが維持された テキスト/バイナリエディタ を提供することを主要な目的としています。

MadEdit 0.2.9 からの主要な変更点

  • 新たに追加された特殊機能:
    • GB18030 での BOMに対応
    • 順序付きシーケンスを挿入
    • 単語の境界 - 中国語/日本語/タイ語/ラオ語/クメール語およびビルマ文字、その他
    • Unicode® Standard Annex #14: Unicode 改行アルゴリズムで折り返し
  • 追加 - アップデートの自動確認
  • 追加 - ブックマークに対応
  • 追加 - タブ毎の右クリックコンテキストメニュー
  • 追加 - 履歴の削除に対応
  • 追加 - トリプルクリックによる行選択
  • 追加 - FreeBASIC 構文定義ファイル
  • 追加 - Windows の %APPDATA% ディレクトリに構成設定ファイルを配置するオプション
  • 改良 - "検索 / 置換" の対応
  • 改良 - Mac OS X への対応
  • 改良 - Windows のシステム統合
  • 改良 - エンコーディングの検出機能
  • 改良 - 16 進編集の対応
    • 16進領域へ コピー/貼り付け を行う際のデータ書式に関する選択肢を追加
    • 新たに追加された機能: 16進領域への上書き貼り付け
  • エンコーディングの対応を改良
    • エンコーディングのグループ化を追加
    • 追加されたエンコーディング: ISO-8859-16, Windows-1258, KOI8-R, KOI8-U, GB18030, CP850, CP852, CP855, CP866, CP437 Variant for ASCII-Art.
  • Code::Blocks wxSmith でダイアログを再設計
  • 翻訳を更新
    • 追加 - スペイン語
    • 追加 - ロシア語
    • 追加 - ドイツ語
    • 追加 - ポーランド語
    • 更新 - 簡体字中国語, 繁体字中国語 および日本語.
  • 多くのクラッシュ、その他バグを修正
  • ビルド、およびパッケージングの構成を改良

更に詳細な情報は 更新履歴 をご覧ください。

機能

  • wxMEdit は MS-Windows, Linux, FreeBSD および Mac OS X プラットフォームの元で動作します。
  • アップデートの自動確認.
  • ブックマークに対応.
  • テキスト, 列、および 16 進表示モードでのファイル編集
  • 最大 32GB (INT_MAX*16) 迄の巨大なファイルを開くことが可能(16進モード)
  • ウェブブラウザのように、実行中にファイルのエンコーディングを変更可能
  • 多数のエンコーディングに対応 :
    • Unicode (UTF-8, UTF-16/32 リトルエンディアン、ビッグエンディアン);
    • ISO-8859-1~16, Windows-1250~1258;
    • KOI8-R/U;
    • MS936(GBK*), GB18030, MS950(Big5*), Windows-31J(Shift-JIS*);
    • その他.
  • non-BMP Unicode 文字 (CJK 統合漢字拡張-B/C/D/E ポラード文字, 数学用英数字記号, 音楽記号, 絵文字 その他) に対応
  • 現在のエンコーディングで対応していない文字が入力された時、Unicode エスケープ文字で表示 (現在はコードポイントのみ対応)
  • 正規表現による検索 & 置換
  • シングルインスタンスで複数のファイルをオープン可能
  • 各種プログラム言語別の構文強調(シンタックス ハイライト)表示に対応:
    • awk, C/C++, CSS, diff/patch, D, DOS Batch Script, Flash ActionScript, HTML, Java, JavaScript, JSP, Lua, Pascal, PHP, Perl, Python, Ruby, UNIX Shell Script, x86 Assembly, XML, Fortran, TeX/LaTeX, Squirrel, C#, Visual Basic, ASP(VBScript), SQL, Verilog, VHDL, FreeBASIC.
  • wxMEdit では、アスキーアートファイルを適切な等幅フォントで表示できます。 例 :
    • Windows/Mac OS X で Courier New;
    • Mac OS X で Andale Mono, Courier, Menlo, Monaco;
    • Unix 系 OS で Console と Fixed;
    • DejaVu Sans Mono, Free Mono, Liberation Mono, その他.